研修スケジュール

1981年にニューヨーク大学によって設立された本NYU主催プログラムは、2018年現在 世界26カ国に、3,800人以上の卒業生を輩出しています。卒業されたニューヨーク大学認定医 兼 iACD専門医は、この分野の専門知識と技術を高め、各国で地域医療に貢献し活躍されています。本プログラムは歯科医師教育の分野において世界的に歴史があり講義の内容及び実績ともに国際的に高い価値・評価が認められています。
一番の特徴はプラグラム内で知識を得るだけでなく、事前にインターンシップ許可を取得することにより、海外セッションにて受講生が教授の直接指導のもと実際に患者施術を行い臨床技術を習得いただける点です。(詳細は下記参照)日本の歯科医師を対象とした本プログラムは今年で17年となり、インプラントと審美分野の世界基準を基礎からアドバンスまで学べる究極のプログラムです。

16期生プログラム(2019年入学)

~2019 インプラント審美総合医NYU認定プログラム~

2019年3月18~22日(月~金)ニューヨーク大学

*骨生理学、インプラント治療の患者デター分析
*最小侵襲歯科治療のための究極のデジタル技術
*パーソナリティをスマイルデザインに反映する
*効果的なプレゼンテーションを行うための鍵
*エステティック歯科医のための写真の基礎:診断からカラーコミュニケーションまで
*現代の臨床実践における革新:「美的・機能的リハビリテーションの実施と実施」

2019 年6月22日~23 (土、日)  日本、東京

Yung Cheng Paul Yu, DDS

Yung Cheng Paul Yu, DDS

イタリアローマ生まれ、2009-2012 イタリア政府大学生教育プロジェクトItalcoser Soc長官; 現在NYU ペリオとインプラント科の助教授。

インプラント療法は、現在、欠損部位に対する不可欠な治療法となっている。歯が失われることにより水平的顎骨吸収が6ヶ月に50%まで起こることがあり、安定したインプラント埋入には不適切な状態となる。本回では、この骨欠損に対する水平方向への骨造成方法を学びます。
インプラント埋入時における欠陥の形態に対する理解は、骨造成を成功に導くための重要な要因である。下顎骨の萎縮性欠損を克服するために水平的骨造成のための様々な技術が、開発されており、ブロック移植、骨誘導再生(GBR)、仮骨延長術、リッジエクスパンジョンなどである。 これらの手法は、時間の経過とともに進化してきましたが、予知性が高い確かな結果を提供するまでには至っていません。このコース内にて水平隆起拡大のための新しいカスタムスプリットクレスト技術の概念と技術を紹介する。
日常臨床における安全性、安定性の確保向上に寄与することが可能となります。

2019 年9月10日~15日 Francisco Marroquin

NYUコースでは11年前に日本の歯科医師が海外の大学でインターシップを行うことを可能としました。受講生はグアテマラにて自分の患者を配当され、ニューヨーク大学の教授らによるマンツーマン実技指導が行われ、真の実力をつけ日本に戻って頂きます。

前半:9月10日~12日 軟組織のコントロール

“Soft Tissue Challenges and Solutions for Predictable Results Around Teeth and Implants”

歯肉の解剖学的構造の不一致に対応するための各種手技を学んでいただきます。 外科手術の技術における同種移植材料(Alloderm、Dermis、Pericardium)の使用方法を習得することにより失われた歯肉組織を再生する技術を得ることができます。 天然歯・インプラント・歯牙欠損部周囲の軟組織プロファイルをリモデルするとともに、顔の軟部組織構造をサポートするためのプロトコルを組み合わせる能力は、歯科審美において重要な役割を担うことが可能となります。 失われた歯周組織の再生を可能とするだけでなく、予測可能とするために、 歯とインプラント周囲の歯肉組織を補うためのテクニックが示されます。 また歯周評価、重要な解剖学的構造の確認、  フラップデザイン、縫合のプロセスを見直します。

豚顎を使った実習内容:

特定の軟組織移植の解剖学および生物学を学ぶ
実習後に受講生各自2症例の治療指導を受けます。

後半9月13日~15日3日間インプラント難症例

インプラント困難症例2症例の治療指導を受けます。
【受講生に準備頂く書類】
(1)英文大学卒業証書
(2)英文の歯科医師免許証明書、日本の厚生労働省の申請サイトはこちらから

2020 年3月 23日~27日 ニューヨーク大学

Socket preservation after fresh tooth extraction
抜歯直後のソケットプリザベーション
Surgical Technique-Sinus Grafting and its complication cases より的確なサイナスフロアエレベションの施術方法、グラフト材の性質の選択方法から、合併症への対応までを学びます。
Live surgery ライブオペ
Clinical Case Presentation
受講生卒業臨床ケース発表 (Required)
Graduation Party/修業式

【本NYU認定プログラムにより取得されること】
✿ ニューヨーク大学サティフィケート
✿ NYU CE クレジット時間:150
✿ NYUのCE Creditsはアメリカ全ての学会資格を取得するために有効となります。(150 Credits)
例:AAP, AAID, APS, ICOI等々に使用可能!

✿ iACD Interdisciplinary Fellow & Diplomate

iACD国際歯科総合医認定指定コース
条件満たされれば卒業と同時に申請できます。
iACDについて:http://jp.iacdentistry.org/

注:✿ 稀ですが。已む得ない事情による日程、会場の変更を行う場合がございます。

PAGE
TOP